蛾(ガ)

困った虫

山芋の葉っぱをむしゃむしゃ食べる大きなイモムシは『キイロスズメの幼虫』

大きくてまるまると太ったイモムシが、一心不乱に山芋の葉っぱを食べている姿を見つけることができたらそれは、『キイロスズメの幼虫』です。キイロスズメは、スズメガという種類の蛾(ガ)の幼虫なります。
ヤガ科

枯れ葉そっくりでカブトムシに似ている蛾??『アケビコノハ』

『アケビコノハ』はかなり枯れ葉にそっくりな蛾です。でも、カブトムシにも似ているような…
シャチホコガ科

灰色のマダラ模様『クロシタシャチホコ』

全体的に灰色でマダラ模様のように見えるちょっと大きめの『クロシタシャチホコ

色は地味で擬態しやすいようですけど、体が大きいので結構目立つ存在です。

シャクガ科

キレイだけどイヌマキの食害が大問題の『キオビエダシャク』

メタリックブルーで派手目のカラーリングの『キオビエダシャク

見るからにキレイな色をしてますけど、決して珍しいどころか時期になると大量発生してあっという間に食害していく厄介者。

ヒトリガ科

光の加減でキレイな瑠璃色の九州・沖縄の蛾『ルリモンホソバ』

名前の通り、光の当たり具合によってキレイな瑠璃色に輝いている『ルリモンホソバ

意外と大きめの蛾なので目を惹くし、色や模様も見ごたえのある子です。

ドクガ科

白くてキレイなのに毒がある蛾『モンシロドクガ』

雪のように真っ白で見た目もとっても可愛い『モンシロドクガ

なんだか触ってみたくなってしまうんですけど、見た目とは裏腹に毒があるので要注意!!

イラガ科

緑の太いトゲトゲの激痛をもたらす毛虫『ヒロヘリアオイラガの幼虫』

毛虫に刺されると痒くなったりかぶれたりするイメージがあると思いますけど、実際には毒性のある毛をもっている毛虫はそこまで多くないんです。 でも、イラガの幼虫は全くの別格!!恐ろしいほどに激痛が走るからです!! ...
ヒトリガ科

真っ白な翅に赤いラインが際立つ『アカスジシロコケガ』

純白のように白い翅に赤いラインが見事に映えるのが『アカスジシロコケガ』です。
赤いラインの入り方も素敵なので、パッと目に入ると目を惹く蛾ですね。

コウモリガ科

異様な雰囲気を醸す大きな蛾…『キマダラコウモリ』

レア度すばしっこい度危険度飼いたい度 キマダラコウモリ (Endoclita sinensis) 【 種類 】コウモリガ科【分布地域】北海道・本州・四国・九州・沖縄【活動時期】6~8月【大きさ (開張)】50~1...
コブガ科

赤いほっぺのような模様が素敵な『ベニモンアオリンガ』

淡い緑色に薄っすらと入れるほっぺがポッと赤くなったような模様がチャームポイントの『ベニモンアオリンガ

でも、幼虫の時は害虫扱いされている面もあってすごく複雑な...