家の外でも中でもよく刺すシマシマの蚊(カ)といえば『ヒトスジシマカ』

ヒトスジシマカ
草
レア度レア度Level1
すばしっこい度すばしっこい度 Level4
危険度危険度 Level4
飼いたい度飼いたい度Level1

ヒトスジシマカ(Aedes albopictus)

【 種類 】カ科
【分布地域】本州・四国・九州・沖縄
【活動時期】4~11月
【大きさ】 4~4.5ミリぐらい

THE蚊(カ)!!!!
といえば『ヒトスジシマカ』ですね。

庭でガーデニングやバーベキューをしている時にも、窓や玄関をちょっと開けた瞬間に家の中ででも血を吸ってくる最もメジャーな蚊(カ)です!!

このヒトスジシマカのことを、ヤブ蚊(カ)と呼ぶ人も多いのでは。

誰もが一度は蚊(カ)刺されたことがあると思いますけど、そのほとんどの場合の犯人がヒトスジシマカです!!

※地域によっては「蚊(カ)に食われる」とか、「蚊(カ)にかまれる」といいますがここでは統一して、「蚊(カ)に刺される」を使わせていただきます。

ヒトスジシマカは血を吸ったり害になるのか

ガッツリ血を吸います。
見事は吸いっぷりです。
そして、ご存じの通り痒くなります。

デング熱やジカ熱を発症させるウィルスを媒介する蚊(カ)でもあります。
日本では、このヒトスジシマカをもとに広まったことは今のところないです。
今後は、可能性はゼロではないので、もしかしたらもあり得ます。

それよりも、有名なのが日本脳炎の原因となるので「たかが蚊されど蚊」とも言える小さな脅威です。

ヒトスジシマカの情報

ヒトスジシマカの情報

ヒトスジシマカの分布

ヒトスジシマカは、全国にいるわけではなく北海道以外の地域に分布しています。
世界的広く分布していて、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米、中南米などにいる蚊(カ)で分布は拡大しています。

ヒトスジシマカの特徴

名前から分かる通りで、背中に一筋(ヒトスジ)の白いラインが入っていて、お腹がシマシマ柄になっているのが最もな特徴です。

ヒトスジシマカの特徴

色は、黒がベースで白いシマ模様が特徴ですけど、ヤマトヤブカなども似た色をしています。
なので、一番の特徴は(一筋)ヒトスジの白いラインです。

ヒトスジシマカの住処

草むらや公園などの物陰で隠れています。
幼虫(ボウフラ)の時は、水の溜まったままで流れのない場所ならなら、空き缶、古タイヤ、バケツなどなど、どこにでもいます。

ヒトスジシマカの生態

ヒトスジシマカは、 10日前後で卵から成虫(羽化)になります。
卵から発育の最適温度環境は25℃〜30℃なので、夏によく見かけたり刺されたりしますよね。

ヒトスジシマカは30日ほどの生涯の内に、2~4回ほど産卵し、一度に100~200個ほどの卵を産みます。
つまり、1匹のメス♀のヒトスジシマカが、10日に一度の割合で100個以上の卵をいるわけです。
血を吸うのは、メス♀で寿命が30日ぐらいですから、一生の間に血を吸うのは3回程度。

多めに計算すると、30日の間に1匹のメス♀だけで、800個近くの卵を産むことになります。
これが、数十匹になると…

夏の時期の台風後などに、卵が一斉に成長して大量発生することがあるんですけど、そうなるともの凄い数になりますよね…

ちなみに、冬の間は卵で越冬しています。

しかし、ヒトスジシマカもただ血を吸う悪者ではなくて、交尾前に花の蜜(みつ)を吸っている間に、花の受粉を手伝っているので花の種類によっては他の昆虫が来ないのでなくてはならい存在となっていたりします。

さらに、幼虫(ボウフラ)の時には、有機物を食べてくれるため水の浄化作用があります。

つまり、地球の循環の一部を担っている生物でもあるんです、実は。

ヒトスジシマカ対策のマメ知識

環境のためにいいとは分かっても、刺されて痒い思いをしたくないですよね。
皆さん様々な方法で、蚊に刺されないための予防策や対策をされていることでしょう。

そんな蚊よけ対策のマメ知識を取り上げたいと思います。

ぶら下げらり貼っておく虫よけプレート

使っている率がかなり高いのが、「虫よけプレート」です。

キンチョーやフマキラーなどの殺虫剤の有名会社から出ていますしCMでも見かけますからね。

でもこの手の商品の対象は、「ユスリカ」や「チョウバエ」なんですよね。

※ユスリカについて詳しくは「ウジャウジャ飛んでる蚊の群れは『セスジユスリカ』」の記事を参照してみてください。

なので、血を吸ってくるヒトスジシマカは対象外なんです。

といった情報はよく耳にすると思いますけど、実際のところ効果は全くないのでしょうか??

マメ知識

虫コナーズや虫よけバリアなどの商品は、殺虫剤に使われている「ピレスロイド系薬剤」といった薬品が使われています。

つまり弱い殺虫剤なので、ヒトスジシマカに対しても効果はゼロではないでしょう。
じゃあ何パーセントぐらいかと言われると…

さらに、吸血意欲を失くすなどの影響もあり得るので、驚異的にヒトスジシマカが来なくなるとか血を吸わないといったレベルではなくても、個人的には科学的に何かしら影響力は期待してもいいと思います。

蚊よけゼラニウム

天然の蚊よけとして有名なのが、ホームセンターなどに売られている「蚊よけゼラニウム」。
蚊連草といった名前で並んでいたりもします。

これは、蚊よけゼラニウムからシトロネラという匂いし、その匂いを蚊が嫌うためヒトスジシマカも近づかなくなるというわけです。

さらにそのシトロネラは、二酸化炭素の匂いを感知する機能も麻痺させる効果もあるとされているので、蚊よけ効果があるというわけです。

マメ知識

とはいっても、普段からシトロネラを発しているのは微々たるものなので、その効果は数十センチにとどまってしまうのです…
小さな鉢植えではなおの事、効果は期待できないんですよねぇ…

なので、蚊よけゼラニウムを効果的に使うには、BBQや花火などの時に足元に置いておいたり、新芽が特にシトロネラが強くでるので指でほぐして直接足に塗り付けておいた方がヒトスジシマカには効率的!!

単純に、シトロネラエキスの虫よけ製品がありますけど、それらと同じように使用できます。

最強は蚊取り線香か

蚊にはやっぱり「蚊取り線香」ですね。

でも、蚊よけプレートみたいに対象は、ヒトスジシマカのような吸血性の蚊じゃないってことはないの??
って思ってしまいますよね。

マメ知識

蚊取り線香は除虫菊を使った方法ですけど、除虫菊は種の胚珠に殺虫成分のピレスロイドが含まれている、れっきとしたキク科の植物です。

キンチョーは、その除虫菊を使って1890年に初めて蚊取り線香として商品化していますので歴史は長いです。

ちゃんと効能効果には、「蚊成虫の駆除」と書かれていますし安心の商品なのです。

家の中によく入ってくる茶色い蚊!!『アカイエカ』

だれだって蚊(カ)に刺されたくないもの!!
しかも、家の中には絶対に入ってきてほしくないですよね!!

でも、家の中によく入ってくる茶色の蚊が『アカイエカ』です。

できるだけ刺されたくない血を吸う大きいシマシマの蚊『オオクロヤブカ』

シマシマの血を吸う蚊(カ)の定番はヒトスジシマカですけど、その2倍近くあるのが『オオクロヤブカ』です。 パッと見は、ヒトスジシマカが異常に大きくなった蚊なのカなぁ~
といった感じですけど、全くの別の種類です。

ウジャウジャ飛んでる蚊の群れは『セスジユスリカ』

春になると、街灯の下などにウジャウジャ群れで飛んでいる蚊(カ)をよく見かけて「うわっ」てなりますよね。その群れになっているのは蚊(カ)ではくて、『セスジユスリカ』なんです。

家に出てできた大きなクモ!!『アシダカグモ』

時々、我が家にもやって来るでっかいクモ!!
それが、『アシダカグモ』!!!!

家に出てくる大きな蜘蛛では、かなりの有名人ですね。

家によく出るあの大きなムカデは『トビズムカデ』

大半の人は、見たらギョッとなるムカデ…
そんなムカデで、最もメジャーで、最も身近なのが『トビズムカデ』です。

家の中に入ってくるムカデのほとんどは、このトビズムカデがその正体なんです。