クワガタにそっくり『ヒョウタンゴミムシ』

ヒョウタンゴミムシ
草
レア度レア度Level2
すばしっこい度すばしっこい度 Level2
危険度危険度 Level1
飼いたい度飼いたい度Level4

ヒョウタンゴミムシ (Scarites aterrimus)

【 種類 】オサムシ科 ヒョウタンゴミムシ亜科
【分布地域】北海道・本州・四国・九州
【活動時期】3~10月
【 大きさ 】 15~20mm

見た目がクワガタに似ているので、間違えられやすいのが『ヒョウタンゴミムシ』。
オオヒョウタンゴミムシの方が大きさ的にも、もっと間違えられやすいですが見た目はヒョウタンゴミムシもそっくりです。

でも、実際にはとてもかけ離れて種類の昆虫なんですけどね。

とはいっても、ヒョウタンゴミムシにはヒョウタンゴミムシのかわいさがあるので見つけた時に、「なぁ~だ。クワガタじゃないの…」ってテンションを下げないでくださいね。

臭くないし噛まれても痛くない

手で捕まえても大丈夫なヒョウタンゴミムシ

ゴミムシの種類は、臭い匂いで身を守るものもいますけどヒョウタンゴミムシは臭くないです。

クワガタのように挟むことのできる見た目は痛そうなアゴがありますけど、クワガタのアゴで挟まれたように痛くないです。クワガタは挟まれると涙出ますもんね…
ヒョウタンゴミムシは、先端が尖ってなしアゴの力もそこまで強くないのですから。

なので、手で捕まえても全く問題なし。

本当にクワガタに似ている

クワガタにそっくり

こうやって見ると、クワガタにしか見えないですよね。
まあ、明らかに大きさも小さいですし、ちょっと細長いですからね。

でも、クワガタの時のようにちょっと興奮してしまうフォルムなのは間違いありません!!

ヒョウタンゴミムシの情報

ヒョウタンゴミムシの分布

沖縄にはいないのです。
そっくりのナガヒョウタンゴミムシはいるので、そちらを楽しんでください。

ヒョウタンゴミムシの特徴

ヒョウタンゴミムシの特徴

オサムシの種類の中でも、クワガタに似た雰囲気をもつアゴがやはり一番の特徴です。

あとは、ヒョウタンゴミムシの名前の由来となっている、胸部と腹部のクビレが大きいことです。この体形が植物のヒョウタンに見えますからね。
クワガタは、ここまでハッキリとしたクビレではないで違いは歴然です。

そして、翅には縦筋が入っています。

ヒョウタンゴミムシの住処

基本は、海辺の砂浜の流木や海藻などの下にいます。
あとは、河川敷の砂地や砂利の多い所に住んでいます。

でも、公園の砂場などの砂地が多い所なら、住んでいることもあります。
私は、住宅街の駐車場に砂を敷いている所や、庭先でも出会っていますので、結構生息域は広いと思いますよ。

ヒョウタンゴミムシの生態

ヒョウタンゴミムシは、夜行性昼間は絶対ではないですけどじっとしていることが多いです。
なので、探すなら昼間の方が物陰に隠れているか、砂に穴を掘って隠れているので以外と見つけにくかったりします。

海辺にいる場合は、ハマダンゴムシなどの小さな生き物を捕まえるか死んだものを食べています。他にも、ダンゴムシやワラジムシ、ミミズ、ゴキブリ、コオロギなどの虫たちも食べています。
なので、飼育する時もエサにはそれほど困らずに補充できますね。

捕まえたりして危険を感じると、擬死(死んだふり)で難を逃れようとします。
※ただ気絶しているだけとも言われています。実際はどうなのか本人に聞かないと分からないパターンです。

翅はあっても飛ぶことができないので、その分動きがそこそこ早いですね。
凄く速いわけではないので、飼育したい場合はサッと捕獲しましょう。

動きは、なかなかカワイイですし、近づいたら威嚇してきたりとなかなかいいリアクションをとってくれるので楽しいですよ♪