白いライン模様がカッコイイ!!『アダンソンハエトリ』

アダンソンハエトリ 横から見たら
草
レア度レア度Level1
すばしっこい度すばしっこい度 Level3
危険度危険度 Level1
飼いたい度飼いたい度Level4

アダンソンハエトリ(Hasarius adansoni)

【 種類 】ハエトリグモ科
【分布地域】北海道・本州・四国・九州・沖縄
【活動時期】6~10月
【大きさ】 オス♂5~6ミリ メス♀6~8ミリ

黒地に白いラインが映える、なかなかオシャレな感じのハエトリグモです。
アダンソンハエトリのオスの模様は結構好きなんですよねぇ~

飼いたくなるハエトリグモの一つです♪

クモの仲間の中でも、私たちにとってかなり身近な存在の一つもあります。

アダンソンハエトリは毒や害はあるのか

毒はないです。
正確にはゼロではないですけど、人間には限りなくゼロの無害です。

害もないです。
家の中をチョロチョロと歩いているだけですから。
自分から噛みついてくることもありません。

臆病なので、嫌いな人にとってはすぐ逃げてくれるのでご安心を。

アダンソンハエトリの表情

個人的に、ハエトリグモ科の顔はハマってます。

アダンソンハエトリのオスの斜め前から
アダンソンハエトリのオス♂

アダンソンハエトリのオス♂がちょっと黄昏ていた哀愁漂うシーンです。
何とも言えない表情じゃないですか?

アダンソンハエトリのメスの正面
アダンソンハエトリのメス♀

ちょっと暗いですけど、目の色が緑色っぽく光っているのが素敵ですね。
肉眼だとここまでハッキリと顔を見れないですけど、カワイイ顔しているんですよね。

アダンソンハエトリの情報

アダンソンハエトリの分布

アダンソンハエトリは、チャスジハエトリと同じぐらい世界的にメジャーなクモです。
なので、日本全国どこでも出会いやすいハエトリグモですね。

アダンソンハエトリの特徴

オス♂のアダンソンハエトリは、頭の近くにツキノワグマのような白い半月模様があります。腹部にも、白いラインが横向きに入っています。
そして、チャスジハエトリと同じようにお尻の方に白い丸模様が左右対称で入ってます。

アダンソンハエトリ

ちょっと、チャスジハエトリと似ている所がありますけど、個人にはアダンソンハエトリの方が模様的に好きですね。

アダンソンハエトリの住処

チャスジハエトリと同様で、家の中が大好きです。
なので、よく家の中で見かけることの多いクモですね。

アダンソンハエトリの生態

ハエトリグモの種類なので、エサはコバエやイエバエなどが好き。
家の中にいると嫌がる人も多いですけど、ハエや蚊、小さな蛾なんかも食べてくれるので、とても助かる益虫(えきちゅう)なんです。

意外とアリを捕まえて食べている所を度々見かけます。

チャスジハエトリがアリを食べている
チャスジハエトリのメス♀がアリを食べている

網を張って獲物を捕らえるのではなくて、自ら動き回って獲物を探す狩猟型(徘徊性)のクモです。

アダンソンハエトリのメスの脱皮後
アダンソンハエトリのメス♀の脱皮

脱皮した後の様子です。
グチャグチャッとなっているのが、脱け殻です。
どれぐらい時間が経過しているかわからないですけど、こうした小さなクモも脱皮して生活しています。