おじさんの様な蜘蛛『マミジロハエトリ』

マミジロハエトリ
草
レア度レア度Level2
すばしっこい度すばしっこい度 Level3
危険度危険度 Level1
飼いたい度飼いたい度Level4

マミジロハエトリ(Evarcha albaria)

【 種類 】ハエトリグモ科
【分布地域】北海道・本州・四国・九州
【活動時期】5~9月
【大きさ】 オス♂ 6~8mm メス♀ 7~8mm

オスに関しては、正面から見ると黒いヘルメットをかぶったおじさんに見えるのが『マミジロハエトリ

白い繋がった眉毛と、白いヒゲが、なんともいかつい感じのおじさんの雰囲気を漂わせているんですよねぇ~

上から見ると、パッと見は黒に白いラインがはいってる蜘蛛です。

いかつい顔だけど毒や害はあるのか

毒も害もありません。

毒舌なわけでもないです(笑)
むしろ寡黙(かもく)なタイプかも…

冗談はさておき、ハエトリグモの種類は、害虫を食べてくれる益虫(えきちゅう)なので、むしろいてくれた方が助かる虫です。

マミジロハエトリの味のある顔

マミジロハエトリの顔

やっぱり風格があるというか、なんとも味のある顔!!
個人的には、コナン君の黒田管理官にちょっと似ている感じもするんですよねぇ。

マミジロハエトリは色々な見方ができる、人間味のある顔なのは間違いないです。

でも、メス♀はいかにもハエトリグモらしい顔つきとなっています。

マミジロハエトリの情報

マミジロハエトリの分布

この個性的な顔を楽しめるのは、沖縄以外となっています。
残念です…

マミジロハエトリの特徴

マミジロハエトリの太眉毛

雄(オス)は、黒い光沢のある体(頭胸部)に白い太眉毛で、白いヒゲが目立ちます。
そして、茶色系のお尻(腹部)となっています。

雌(メス)は、体(頭胸部)は黒いですが、ちょっとハゲ頭のようにも見えます。
お尻(腹部)は、茶色と白の網目模様のようになっています。
ちょっと、ネコハエトリに似てるかも。

マミジロハエトリの住処

日当たりのいい場所でよく見かけます。
家の周りの壁や、庭が多いです。
他にも、草原や公園などにもいます。

マミジロハエトリの生態

ハエトリグモの仲間なので、網を張らないで動き回りながら獲物を探して捕獲する、狩猟型(徘徊性)の蜘蛛です。
なので、そのピョンピョン跳ねながら動いている姿がなんとも可愛らしいです。

産卵の時には、糸を使って狭い空間を仕切って巣を作り、そこで卵嚢(らんのう)を作ります。
親蜘蛛も一緒に巣に入って、エサを食べずに子供が巣立つの待つ。
それを何回か繰り返していきます。

面白かったのでおまけ

マミジロハエトリの雄(オス)は、ピンボケ写真で見るとさらにいかつい感じなんです!!
なので、是非みてもらいたかったので、おまけでご紹介します。

マミジロハエトリのただならぬ雰囲気

どうですか??
なんかただならぬ雰囲気を感じませんか??

ピンボケだからこそ出ているこの威圧感!!!!

もっとピンボケしていると…

マミジロハエトリのピンボケ

なんか妙に、悪役な感じが出てませんか??
これは、マミジロハエトリだからこそ出せる雰囲気なんです。

是非マミジロハエトリを見つけた時には、ピンボケ写真を狙ってみて下さい。
ピンボケもなかなか面白かったりしますよ。

青く光る宝石のような蜘蛛『アオオビハエトリ』

初めて見ると、蜘蛛には見えないほどのきらびやかさ!!角度や光の当たり加減でメタリックブルーのように光る蜘蛛です。個人的に、ハエトリグモの種類が好きなので『アオオビハエトリ』は特に好きな蜘蛛です。

白髭モジャモジャの蜘蛛『シラヒゲハエトリ』

名前負けしないぐらい見事な髭(ヒゲ)の『シラヒゲハエトリ』。ヒゲも立派だけど、全体的に灰色で可愛らしいぬいぐるみのような風格です。

よく見かける方ですけど、コンクリートの壁とかにいると擬態して見逃すことも。

ネコのような蜘蛛??『ネコハエトリ』

名前が猫とついていますけど、動きや捕食の時の姿がネコ似ているからとされていますけどハッキリとはわからないです。でも、ネコハエトリのメス♀の後ろは、なんだか猫っぽさがあるのでカワイイですよ。

白いライン模様がカッコいいハエトリグモ!!『アダンソンハエトリ』

黒地に白いラインが映える、なかなかオシャレな感じのハエトリグモです。

家によく出るメジャーな蜘蛛!!でも結構カワイイ『チャスジハエトリ 』

家の中や壁でよく見かける、定番中の定番のクモです。 もっともメジャーなハエトリグモの種類でもあります。