ナナフシにちょっと似てる蜘蛛『オナガグモ』

オナガグモ
草
レア度レア度Level2
すばしっこい度すばしっこい度 Level1
危険度危険度 Level1
飼いたい度飼いたい度Level1

オナガグモ(Ariamnes cylindrogaster)

【 種類 】ヒメグモ科
【分布地域】本州・四国・九州・沖縄
【活動時期】5~8月
【大きさ】 オス♂ 12~25ミリ メス♀ 20~30ミリ

オナガグモ』に一番そっくりなのが、「ナナフシ」です。

まあ、ナナフシにしては明らかに小さいですし、動きも全然違いますけどね。
でも、初めて見たら、「あっ!ちっちゃいナナフシだ!!」と思う人がいてもおかしくないかも。

枝そっくりだから『エダナナフシ』

多く人に親しまれて、ペットとして飼う人も多い昆虫の代表のナナフシ。
今回は枝にそっくりなナナフシだから、そのままの名前で『エダナナフシ』。
ナナフシ(ナナフシモドキ)と並んで、最もメジャーなナナフシです。
個人的には、エダナナフシがナナフシの中で一番よく出会う種類ですね。

なぞの多いトゲトゲのナナフシ『トゲナナフシ』

トゲトゲしていて、枝にそっくりな『トゲナナフシ』。
ちょっと見付にくいような気がしますが、ひょこり現れる時は現れるナナフシの一種です。

ただ、ほとんどがメスで、正式にオスが日本で発見された例が1例しかないので、オスを見つけられるのはかなりレア度が高いです。激レアです!!

ちょっと、見た目がクモらしいクモですからね…

尾長蜘蛛』という名前だけあって、体(腹部)がとても長いです。
はっきり言って違う昆虫に見えます!!

先に、ナナフシと比べて見てみるとこんな感じになります。
違いは明らかですので。

オナガグモは毒や害はあるのか

人間に対しては、毒はないです。
緑色だとちょっと毒があるように感じますけど、大丈夫です。

害もないです。
普段の生活でちょこちょこ出会うクモでもないですし、オナガグモは自分を眩ますので必死なので害になることもないです。

オナガグモは顔が小っちゃい!!

体(腹部)は長いんですけど、顔(頭部)は凄く小さいんですよねぇ。
なので、ちょっと表情が分かりにくいです…

オナガグモの表情

本当に顔(頭部)が小さいですけど、目はさらに小さいです!!
「えっ?目はどこにあるの??」と言われてしまいそうですね…

でもこうして見ると、タラバガニを緑にした感じにも見えませんか?

オナガグモの情報

オナガグモの分布

オナガグモも北海道にはいない種類になっています。

オナガグモの特徴

何といっても、細長いことです。
ナナフシに似てますけど、脚の生えている位置が頭部からだけなので明らかに違っています。

オナガグモはナナフシに似ている
ナナフシにそっくり

色は、緑系と黒系もいて、模様といった模様はないです。

オナガグモの住処

山や林、草むらで生活。
家の庭やベランダなどにいることも。

オナガグモの生態

動きはのんびりとした感じで、糸は数本だけの簡単な網を張って脚を真っ直ぐに伸ばして擬態するような体制で獲物が網に来るのを待ちます。
獲物はなんと、他のクモ

自分が張った糸をつたってくるクモを捕獲するのです。
なので、他のクモがいそうな所にオナガグモもいるので、探す時にはその点を目安にしてもいいかもしれないですね。

オナガグモが隠れているところ

網を張ってぶら下がってこの体制をとると、松の葉やモミの葉のような細い葉っぱにしか見えないですね。

オナガグモの種類は、日本にこの1種類しかいません。
でも、世界にはこのタイプのクモが数十種類いるので見てみたいものですね。