ネコのような蜘蛛??『ネコハエトリ』

ネコハエトリ
ネコハエトリのメス♀
草
レア度  
すばしっこい度 
危険度  
飼いたい度  

ネコハエトリ(Carrhotus xanthogramma)

学名 Carrhotus xanthogramma
種類 ハエトリグモ科
分布地域 北海道・本州・四国・九州
活動時期 4~8月
エサ ハエや蚊などの小さな虫
大きさ 7~10ミリぐらい

ネコハエトリ』は、関東地方の一部では「ホンチ」として親しまれているハエトリグモで、春先に血気盛んなオスの習性を利用してのネコハエトリ同士の相撲が行われています。

そんな親しまれているネコハエトリですが、名前が猫とついているのが気になりますよね。

動きや捕食の時の姿がネコ似ているからとされています。
まあ、ハッキリとはわからないんですけど。

でも、ネコハエトリのメスの後ろは、なんだか猫っぽさがあるので確かにカワイイんですよねぇ~

ネコハエトリの背中
ネコハエトリのメス♀

動き的にも、見た目にも、ハエトリグモの中ではアイドル的な存在かもしれないですね(笑)

でも、習性的にはオスの方が楽しいと思います。
オスが2匹いなくても、鏡を見せると威嚇行動をとってくれるのでネコハエトリならではの楽しみがありますから。

ネコハエトリは毒や害はあるのか

毒も害もないです。

ハエトリグモの種類は特に家の中に入ってくるクモですけど、小さいですし、網を張るわけでもないです。
むしろ、ハエや蚊を食べてくれるので同居してくれると助かります。

そんなネコハエトリの表情はさすが!!っといった感じの可愛さがあります。

ネコハエトリの表情はネコ並みにかわいい

ネコハエトリはカワイイ

やっぱりメスの方が可愛らしさの点では、目を惹きますね。
今回はオスの写真が準備できていないので、手に入ったらまた追加したと思います。

ネコハエトリの情報

ネコハエトリの表情
ネコハエトリのメス♀

ネコハエトリの分布

高温が苦手なようで、沖縄にはいないです。

なので、国内だと沖縄県以外に広く分布しています。

ネコハエトリの特徴

オス♂は顔(頭部)が黒くて、体(腹部)はスリムだけといかつい感じです。
体(腹部)の色は、ベースは灰色ですけど黒と所々にオレンジ系の色が入っているので、よく見ると三毛猫っぽさがある??

メスの方が毛深くて全体的に色味が強い感じです。
可愛さというか猫っぽさは、断然メスの方が強いですね。

ネコハエトリの住処

基本的には、草むらや林などの比較的高い所よりも低い場所を好んで生活しています。

家の外にもよくいらりします。
たまに、家の中に入ってきたりもしまうよ。

ネコハエトリの生態

ネコハエトリの生態

ネコハエトリは、家の中でも見かける身近なクモ。
ハエトリグモの種類なんで、ハエや蚊などの小さな昆虫を食べています。

活動時期が、春から夏中旬ぐらいなので、ちょっと見れる期間が短いです。

3~5月ぐらいまでの繁殖期のオスは、オス同士が出会うと威嚇し合って取っ組み合いをしますけど、この習性はネコハエトリ特有。
小さなクモなのでエサがちょっと大変ですけど、とても可愛いので飼ってじっくり観察したくなるクモの代表的存在です。

おじさんの様な蜘蛛『マミジロハエトリ』

オスは、正面から見ると黒いヘルメットをかぶったおじさんに見えるのが『マミジロハエトリ』
白い繋がった眉毛と、白いヒゲが、なんともいかつい感じのおじさんの雰囲気を漂わせているんです。

白黒のシマ模様でスマートボディのハエトリグモ『ヤハズハエトリ』

ハエトリグモは、ふっくりした体型のイメージが強いですけど、この『ヤハズハエトリ』は凄くスマートボディ。 なので、パッと見はハエトリグモの種類とは思えないぐらいです。

青く光る宝石のような蜘蛛『アオオビハエトリ』

初めて見ると、蜘蛛には見えないほどのきらびやかさ!!角度や光の当たり加減でメタリックブルーのように光る蜘蛛です。個人的に、ハエトリグモの種類が好きなので『アオオビハエトリ』は特に好きな蜘蛛です。

白髭モジャモジャの蜘蛛『シラヒゲハエトリ』

名前負けしないぐらい見事な髭(ヒゲ)の『シラヒゲハエトリ』。ヒゲも立派だけど、全体的に灰色で可愛らしいぬいぐるみのような風格です。

よく見かける方ですけど、コンクリートの壁とかにいると擬態して見逃すことも。