セレブの気品がある蜘蛛『オオシロカネグモ』

オオシロガネグモ
草
レア度レア度Level1
すばしっこい度すばしっこい度 Level1
危険度危険度 Level1
飼いたい度飼いたい度Level1

オオシロカネグモ (Leucauge celebesiana)

【 種類 】アシナガクモ科
【分布地域】本州・四国・九州・沖縄
【活動時期】7~9月
【大きさ】 オス♂ 8~12ミリ メス♀ 13~15ミリ

大銀蜘蛛』と書くので、ちょっとセレブな名前ですよね。
確かに、全体的にツヤツヤした質感でセレブチックな雰囲気を醸し出しています。

日光に直接当たっている時は、本当に『銀』に相応しいほどキラキラ輝いているほど。
ド派手ではなく、品のある感じですね。

でも、結構どこにでもいるクモなんです。

オオシロカネグモは毒や害はあるのか

毒はないです。
自分から噛みつくことはしてこないですけど、牙は大きいので噛まれると痛いですよ。

害もないというか、あまり家の周りにはいないですね。
もしいても、網を張って蚊やハエなどを捕獲してくれますよ。

オオシロカネグモは顔もセレブ

オオシロガネグモの表情

オオシロカネグモは、目が小さいのであまりパッとしない感じ。
なので、ちょっと表情が分かりにくいです。

オオシロカネグモを上から見たら

上から見た方が、可愛らしい表情に見えますね。
キレイな模様も相まって、ちょっとセレブな感じがしませんか?

オオシロカネグモの情報

オオシロカネグモの分布

寒いのに弱いようで、北海道にはいないです。

オオシロカネグモの特徴

オオシロカネグモは、よくジョロウグモと間違われやすいです。
見分ける特徴としては、腹部の模様と脚の色が違います。

腹部は銀色にゴールドが混じった色をベースに、黒い縦ラインが頭部からお尻に向かって上から見た中心以外は枝分かれすることなく伸びている。
側面も同じように、黒い縦ラインが入っていて興奮するとその黒いラインの太さが変わる仕組み。

脚は長くて付け根の方から緑色

オオシロカネグモの住処

小川や渓流などの近くでよく見られます。
山間部や林などの湿気の多い場所にもよくいます。

オオシロカネグモの生態

オオシロカネグモの幼体

オオシロガネグモは、網を張って獲物を捕獲するのですが、網はよくクモの巣をイメージするキレイな円形の網を、縦(垂直)ではなくて横向き(水平)に張ります。

コバエや藪蚊などの小さな虫から、渓流や川の近くではカゲロウなどの虫を捕獲しています。