脚が長くて茶色っぽいまるで小枝のような蜘蛛『アシナガクモ』

アシナガクモ
草
レア度レア度Level1
すばしっこい度すばしっこい度 Level1
危険度危険度 Level1
飼いたい度飼いたい度Level1

アシナガクモ(Tetragnatha praedonia)

【 種類 】アシナガクモ科
【分布地域】北海道・本州・四国・九州・沖縄
【活動時期】5~10月
【大きさ】 オス♂9~12ミリ メス♀12~14ミリ

脚が長くてゆっくりとした感じなのが、『アシナガクモ』です。
せわしない動きはしないのんびり屋さんな感じなんですよねぇ~

色が地味なので、あまり目に付かないかもしれないですね。

アシナガクモは毒や害はあるのか

毒も害もないので問題ないクモです。

まず噛まれることはそうそうないと思いますけど、見た目の割りに牙が大きいので噛まれると痛いかも…

アシナガクモの表情

そんなアシナガクモの表情はこんな感じです。

アシナガクモの表情

以外とカワイイですよね。
ハエトリグモのように、目がクリクリしてませんけど、ちょっとのんびり屋さんの雰囲気がでている顔ですね。

目は8つ全て同じ大きさで、上下2列になっています。

こうして見ると、ちょっとヤシガニっぽい感じもありますかねぇ…

アシナガクモの情報

アシナガクモの分布

日本全国に分布しているので、かなりメジャーな種類に入ります。
でも、あまり目立つタイプではないので、知らないという人も多いのでは…

特徴

アシダカグモは、アシダカグモ科の代表的な存在になるので、名前の通り脚が長いです。
体(腹部)も細長いです。ついでに、上顎も長いです。

色は、茶色をベースに灰色系よりも白にちかい色の模様があります。
模様は、グチャグチャではなくて、ほぼ左右対称の規則性のある模様です。

動きはのんびりとしていますけど、前脚(第2脚まで)をピンっと前に伸ばしてじっとする事で、小枝のように擬態しているためもあります。色も動きも小枝になりきるのが最大の特徴ですね。

アシナガクモの住処

主に、水辺が近い所が好きです。
なので、田んぼにとっては害虫を食べてくれる立派な益虫なのです。

でも、家の庭などにも住んでいることがあります。

アシナガクモの生態

擬態が得意なのに、網は張ります。
網は、横向き(水平)に円形の網は夕方から作り始めて、夜に獲物を獲らえる夜型です。
つまり、明るい時間帯は擬態して過ごして、暗くなり始めたらお食事タイムという具合に生活しているわけです。